【社会人必見】専門実践教育訓練給付金制度を使って資格取得をする方法 実際に言語聴覚士を目指してみた

学生生活

再就職・転職・キャリアアップを目指すアナタへ

私が旅先で出会った方の多くが専門職でいわゆる手に職をつけた方々が多く、

医療従事者からお話を聞くことが多かったので

漠然と僕も医療関係の専門的な知識を身につけて不便さを抱える人たちの

サポートをしてみたいと感じていました。

中でも、コミュニケーションの支援をするような仕事がしたいと思い、調べて行くうちに

「言語聴覚士」というリハビリテーションの専門職を知りました。

この資格を取るにあたり、私の場合は大卒資格があったので専門学校で2年間学び、

国家資格に望む必要がありました。

学費の算段をする中で、国がキャリアアップを促進する制度である

「専門実践教育訓練給付制度」という資格取得を補助してくれる制度を知りました。

後に知ったのですが、このような制度があることは私のまわりで

知っている方がまったくいなかったので、

僕のように、専門職への再就職を目指す方や資格を取得して

キャリアアップを考えている方は知っていて損は無いお話だと思います。

実際、僕は3年目で旅行へ行くのはお休みにして2年間で必要な学費を貯めて、この制度を使い

2019年4月から東京の2年過程で言語聴覚士を養成する専門学校へ入学して現在勉強中です。

ですので、私の実体験を元に「専門実践長行く訓練給付制度」について

わかりやすく紹介していきたいと思います!

専門実践教育訓練給付制度ってどんな制度?

制度の内容

厚生労働省のページを見てみるとわかりづらく書かれているので、

ここでは噛み砕いて説明したいと思います。

現在、働いている方で

雇用保険の被保険者

または

離職はしたが、雇用保険の被保険者であった方

厚生労働大臣の指定している講座を受講した場合、

本人が教育訓練機関・施設(専門学校など)に支払った

授業料や教育訓練費用の一定の割合額をハローワークから支給する制度です。

つまり、厚生労働省から認可を受けている学校で

資格取得の勉強をしながら国から金銭的な支援が受けられますよ!

という制度なんですね。

資格を取りスキルアップや転職をする方をサポートしてくれる

ありがたい制度なんですね。

受給資格

今回は初めてこの専門実践教育訓練給付金を知り、

利用するという方向けに書いて行きます。

まず、雇用保険の被保険者期間がどれくらいある、もしくはあったが大切です。

また、離職していた場合、その期間がどれくらいかあったかがポイントになります?

まとめると

①初めてこの制度を利用する場合は被保険者期間が2年間必要。在職中も可。

②2回目以降この制度を利用する場合は被保険者期間が3年間必要。

③離職してから1年以上経過すると被保険者期間がリセットされる。

この①~③の条件を満たしている必要があります。

いろいろなケースを見ていくと・・・

<ケース1>

H28.3.31(就職)~H30.4.1(離職)~H31.4.1(受講開始)

被保険者期間が2年あり、

指定された学校で授業が開始されるまでが1年以内。

この場合は制度を利用することができます。

注意が必要なのは離職してから指定された学校で授業を

受けるまでの間が1年以上空いてしまうと

被保険者期間がリセットされてしまうので、

それまでに学校の入学許可を取り、

制度を使う手続きをすべて終わらせなくてはなりません

時間に余裕を持って進めましょう。

<ケース2>

H23.3.31(就職)~H25.4.1(離職)~H27.4.1(再就職)~

H27.3.31(再就職)~H28.4.1(離職)~H29.10.31(再就職)~

H31.4.1(受講開始)

被保険者期間が2年以上あったものの、

1年以上空いてしまった場合ですね。

それぞれ期間を見ると

H23.3.31(就職)~H25.4.1(離職)被保険者期間2年

H25.4.1(離職)~H27.4.1(再就職) 空白期間2年

リセット

H27.3.31(再就職)~H28.4.1(離職) 被保険者期間1年

H28.4.1(離職)~H29.10.31(再就職) 空白期間 6ヶ月

H29.10.31(再就職)~H31.4.1(受講開始) 被保険者期間1年6ヶ月

となります。

リセットされてから退職していますが今度は空白期間6ヶ月なので累積でカウントされます。

つまり最終的には2年6ヶ月の被保険者期間という扱いになります

ので、制度を利用できます。

どれくらい支給される?

専門実践教育訓練給付金の支給額は、

教育訓練経費(入学金・授業料)の50%(年間上限40万円)になります。

ここで注意が必要なのが、

・学費のなかに含まれる設備費および諸経費などはここに含まれません。あくまで入学金と授業料のみです。

・支給上限が最大40万円まで

勘違いしないようにしましょう。

また、専門実践教育訓練の修了後1年以内に

目標となる資格を取得等して雇用保険の被保険者となる就職をした場合は、

教育訓練経費の70%(年間上限56万円)で専門実践教育訓練給付金を再計算し、既支給分の差額を支給します。

つまり卒業して1年以内に資格を取得したらお祝い金として残りの20%が追加で支給されます。

僕の場合だと2年間学校へ通い、1年以内に言語聴覚士の国家資格を取得して

就職を果たせば96万円が支給されることになります。

申請の方法

ややこしくなるので、箇条書きで紹介します。

①専門実践教育訓練給付金の対象となる学校の講座を探す。

②対象校の入学許可を取る。(受験)

③ハローワークにてキャリアコンサルティングを受講、ジョブカード作成する。

④ハローワークへジョブカードを提出、「教育訓練給付金および教育訓練支援給付金受給資格確認票」を発行してもらう。

⑤受講開始

⑥支給申請期間に支給申請を行う。「教育訓練給付金および教育訓練支援給付金受給資格確認票」と学校から発行してもらえる受講証明書を提出。6ヶ月に1度のタイミングで申請。申請期間は申請日の1ヶ月前から可能。

⑦支給

という流れになります。

注意が必要なのが、

③~④は受講開始日の1ヶ月前までに行う必要があるので、

入学許可が出て受講開始まで1ヶ月以上ないと間に合いません。

また、1ヶ月前ぎりぎりだとキャリアコンサルティングの予約

が混み合うため、間に合わない危険があるので余裕を持って

受験して合格しておく必要があります。

③~④はハローワークで事前に相談しておけば

キャリアコンサルティングの受講場所と予約、必要な提出書類と

今後の流れなどを詳しく説明してもらえます。

⑥は支給申請期間内に学校からちゃんと勉強してましたよ!という受講証明を出してもらい、

「教育訓練給付金および教育訓練支援給付金受給資格確認票」を一緒に持ってハローワークへ行き、提出します。

あとは出席日数が足りていない、サボって成績がボロボロということがなければ無事支給されます。

実際に支給が開始されるのは学校の受講証明が発行された後になるので、

受講開始から6ヶ月後になるということは知っておいて下さい。

訓練中に併用できる教育訓練給付金制度とは?

制度の内容

先ほどチラッとでましたが

「教育訓練給付金および教育訓練支援給付金受給資格確認票」というものを渡されます。

実は専門実践教育訓練給付金とは別にもうひとつ利用できる制度がある

ということなんです!!

それが、「教育訓練支援給付金」という制度になります。

わかりやすく説明すると

卒業するまでの間、毎月失業保険のようなものが支給されるというイメージです。

受給資格は少し厳しくなりますが、多くの人は利用できると思います。

ここで気になるのが、失業保険受給中はどうなるのか?

という点です。

ズバリ、併用はできません。

なので、

①失業保険の待機期間(自己都合なら3ヶ月)

②失業保険の給付開始(支給期間は個人で変わります)

③失業保険の給付が終了後に自動的に教育訓練支援給付金に切り替え

④教育訓練支援給付金支給開始(卒業まで)

というながれになります。

なので、注意しなければならないのが、待機期間です。

この間は教育訓練支援給付金はでません。

なぜなら失業保険受給中という扱いの枠になるからです。

勘違いをしないようにしましょう。

僕は盛大に勘違いしていました。

受給資格

①失業状態である。

②専門実践教育訓練給付金の受給資格者である。

③1年以内に専門実践教育訓練を開始する。

④専門実践教育訓練の受講時に45歳未満である。

⑤受講する専門実践教育訓練の講座が通信制および夜間制でないこと。

⑥受給資格確認時に一般被保険者ではないこと。また、一般被保険者でなくなった後に短期雇用特例被保険者または日雇労働被保険者になっていないこ。

⑦会社などの役員に就任していないこと。(活動や報酬が無い場合はハローワークで確認が必要)

⑧自治体の長に就任していないこと。

⑨今回の専門実践教育訓練の受講開始前に教育訓練支援給付金を受けたことがないこと。

結構たくさん条件がありますが、大事なのは

・失業状態

・被保険者ではない

・受講開始時に45歳未満

・一度も教育訓練支援給付金を受給したことがない

くらいでしょうか。

心配な用であればハローワークできちんと確認をするほうが確実です。

どれくらい支給される?

教育訓練支援給付金の日額は

離職される直前の6ヶ月間に支払われた賃金金額から算出された

基本手当て日額に相当する額の80%になります。

人によって異なりますので、ここからは目安でお話します。

離職前の給料が20万円程であれば

日額は3800円満たないくらいになると思われます。

これが×28日(1ヶ月分)なので2ヶ月で20万円程支給される計算になります。

ちなみに失業保険の基本手当て支給中は100%まるまる支給されるので若干もらえる金額は増えます。

ですので2ヶ月で15~20万円程と見積もっておけばだいたい平均かと思われます。

申請の方法

①ハローワークへ「教育訓練給付金および教育訓練支援給付金受給資格確認票」と会社から発行される離職票・雇用保険被保険者証を提出する。

②待機期間終了。

③失業保険の基本手当て受給開始。認定日は2ヶ月に1回ごと。決められた認定日に「教育訓練給付金および教育訓練支援給付金受給資格確認票」、学校から発行される受講証明書、ハローワークから発行される失業認定申告書をハローワークへ提出。

④失業保険基本手当受給

⑤失業保険の基本手当て受給終了

⑥教育訓練支援給付金に自動的に切り替え。認定日は2ヶ月に1回ごと。決められた認定日に「教育訓練給付金および教育訓練支援給付金受給資格確認票」、学校から発行される受講証明書をハローワークへ提出

⑦教育訓練支援給付金受給

①に関しては専門実践教育訓練受講開始日以降に離職票・雇用保険被保険者証が届く場合がありますが、

提出が遅れれば遅れるほど支給が遅くなるので早めに処理しましょう。

失業保険の基本手当ても教育訓練支援給付金も認定日はハローワークで決まります。

認定日に学校があり、行けない場合は事前にハローワークと相談する必要があります。

ちなみに学校帰りに申請が間に合うようであれば、都合のいいハローワークへ管轄を変更してもらうこともできます。

実際僕は、山梨県のハローワークで専門実践教育訓練給付金の登録を行い、

教育訓練支援給付金の登録と毎回の認定日の申請は東京のハローワークで行っています。

引越しをすることが決まっていたので、学校の近所のハローワークに管轄を移管する手続きをしました。

ハローワークによって移管手続きが異なるようなので、とりあえず現在のハローワークで相談してみて下さい。

言語聴覚士になる為に実際に使ってみた

受給資格の確認

僕の状況は

最終学歴が大卒。

H28.8.1~H31.3.31の2年8ヶ月間の被保険者期間。

年齢は退職時に満30歳。

専門実践教育訓練給付金制度および教育訓練支援給付金は初めての利用。

でした。

言語聴覚士は対象となる資格

言語聴覚士は国家資格の中で名称独占資格という分類になり、対象の講座になっています。

ちなみに他の名称独占資格であるリハビリテーション職の理学療法士・作業療法士も対象講座です。

他の対象講座は厚生労働省ほHPから確認ができます。

専門実教育訓練給付金制度の認定校を探す

山梨県在住だったので、

関東エリアの言語聴覚士養成校で、

専門実践教育訓練給付金制度の認定校を

探すと・・・

・埼玉県 国立障害者リハビリテーションセンター学院 2年昼間制

・東京都 多摩リハビリテーション学院専門学校 2年昼間制

・東京都 東京医薬専門学校 2年夜間制

・神奈川県 茅ヶ崎リハビリテーション学院 2年昼間制

でした。

夜間制だと教育訓練支援給付金がでないので、昼間制の学校を選択しました。

面が割れてしまうので、どこを選んだかはナイショにさせて下さい!(自己防衛)

厚生労働省のサイトでこういった内容は調べることができます。参考までにPDFのファイルを引用させて頂きます。

厚生労働省認定校リスト 2019年現在

引用元:厚生労働省公式HP

実際に支給される金額

あくまで概算でしかないですが、

僕の選んだ専門学校は

学費トータルが240万円(諸経費込み)程なので、

専門実践教育訓練給付金が卒業後1年以内に国家資格合格&就職なら最大で98万円まで支給されます。

教育訓練支援給付金も使うので、僕の場合だと2年合計で230万円程の支給になる予想です。

実際に申請を終えての注意点

僕は山梨県在住だったのでハローワークでの手続きが苦労しました。

山梨には認定校がないので、職員の方も詳しい方が少なく、

ハローワークに行くたびに話をするのが大変でした。

資料渡されて「目を通して必要資料用意して下さいね」

くらいのことしか言われなくて

勘違いしやすい点がどこなのかわからず、かなり困りました。

その結果、教育訓練支援給付金と失業保険の待機期間と基本手当ての

注意書きを見落として見積もりよりももらえる金額が少ないことに

気づいたのが入学後でヒヤヒヤしました。

学校の近くに管轄を移管してからは職員の方が慣れているので

とても助かっています。

なので、移管する旨を伝えたうえで学校近くのハローワークに

電話をかけて聞くほうがいいかもしれないです。

やっておけばよかったと後悔しました。

とにかく受給資格の確認、申請のタイミングや期間は確実に把握して

早めに行動しておくことをオススメします。

また、受給総額がいくらになるのかといったお金の算段もある程度早い時期から

やっておいた方が学校生活を快適に過ごすことができます。

勉強が吐くほど忙しくなるので、お金の心配はさっさと解決しておくほうが無難です。

ちゃんと勉強をして将来に生かそう

社会人になってから勉強を改めて行うのはかなり大変です。

僕の場合は、週5日の1日4限(1限100分)授業です。

一日の勉強時間は授業も含めれば8時間以上は勉強していると思います。

この生活を働きながらするのはかなり厳しいです。

ですので、こうした国からの補助で勉強に集中できることに感謝をして

資格取得&就職を目指したいと思っております。

いかがだったでしょうか?

あまり知られていませんが、僕個人的にはスゴイ制度だと思います。

もし、使ってみたいなぁと考えているようであればそれなりの決意と覚悟は必要ですが

是非オススメです。

同じ資格を目指したいなと思う方や制度についての質問あればメッセージ頂ければ

お答えして行きたいと思いますので、お気軽にどうぞ。

資格取り方選び方全ガイド

コメント

  1. […] 【社会人必見】専門実践教育訓練給付金制度を使って資格取得をする方法 実際に言語聴覚士を目指してみた転職とスキルアップを考えている方に知っておいて欲しい「専門実践教育訓 […]

タイトルとURLをコピーしました