【オークハウス】シェアハウスに住んでみたメリット・デメリット

LIFE

こんにちはukiです。

今回はシェアハウスに住むメリット・デメリットを紹介したいと思います。

3月に引越し先が決まらず困っていたときに「シェアハウス」という選択肢を知りました。

実際に住むかどうかを決めるときに、担当者に聞いてもわからないことがたくさんありました。

また、住んでから気づいたこともたくさんありました。

こうした経験をもとに紹介していきたいと思います。

シェアハウスという選択肢があることや、これからシェアハウスに住みたいと考えている方に役立つ情報をお伝えできればと思います。

ちなみに僕はシェアハウスの管理・運営をしているオークハウスさんのシェアハウスに住んでいます。

シェアハウス メリット・デメリット

メリット

設備が充実している。

シェアハウスによって変わりますが、僕が住んでいるところは充実しています。家賃に対するコスパはかなり高いです。

個室以外の消耗品の交換や掃除をしなくていい。

トイレットペーパーの交換、キッチンのゴミ捨て、お風呂やトイレの掃除から開放されます。土日を除く平日は、毎日清掃の方が来てくれるのでいつもきれいです。

家具を買う必要がない

個室に必要な家具はすべてあります。共用部には生活に必要な家具・家電・食器はすべて揃っています。実家から引っ越しする場合は初期費用がかなり抑えられます。

敷金・礼金・仲介手数料がなく、初期費用が安い。

かかるものとしては、契約料(家賃1ヶ月分)+当月分の日割り家賃+翌月の家賃+初期費用です。

僕が2021年3月末に引っ越したときの初期費用の総額は79,430円でした。内訳は3月家賃日割り+4月家賃+初期費用です。キャンペーンがあり、契約料が無料で家賃が3ヶ月50,000円で済んだので通常より安くなりました。

ちなみに通常賃貸を不動産屋で話をしていたときにかかると言われた初期費用は200,000~400,000円くらいだったので、いかに安いかわかると思います。

家賃契約書の請求額が家賃・共益費合算で表記。

会社から家賃補助が出る場合もあると思います。そのとき、会社としては共益費を含まない家賃のみに対して補助金が計算されると思います。なので、合算表記なのはややこしくなくてありがたいです。

困ったら管理人にすぐ連絡が取れる。

オークハウスさんのHPにあるマイページにログインすると連絡をできるフォームがあり、SNSのようにメッセージを書き込めるのでレスポンスは早いです。困ったときにすぐ対応してもらえるので、いつも助かっています。

シェアハウス・ゲストハウスの東京オークハウス
オークハウスはシェアハウスはもちろんのこと、賃貸アパートも東京、神奈川、埼玉、千葉など様々なエリアから、ご希望の条件に合ったお部屋を検索できるポータルサイトです。空室情報は毎日更新されますので自分にあったお部屋を探せます。

様々な人と友達になれる。

学生、会社員、セラピスト、フリーランスなど様々な人がいます。また、僕の住んでいるシェアハウスでは4割くらいが外国の方です。共用部で会うので、仲良くなろうと思えばいつでも声を掛けられる環境です。

デメリット

・共用部の使い方が雑、ルールを守らない人がいる。

特にキッチンの使い方が汚いです。

使った調理器具や食器を放置は割と日常茶飯事ですし、調理時の飛び散りも放置です。

また、共用部に私物の放置をしたり、トイレにカップ麺の汁を流して詰まらせるといったハウスルールを守らない人もたまにいます。

ですが、基本的には1日1回清掃が入るので、清潔は保たれていると思います。

ハウスルールを守らない場合、退去といったペナルティもあるので、無法地帯にはなっていません。

・共用部が混んでいて使えないときがある。

僕のシェアハウスは100人程が暮らせる6階建ての大型施設なので、食事時はキッチンが混みます。洗面所やトイレ、風呂は各階に存在するので取り合いにはなりませんが、キッチンは1ヶ所しかないため混みます。

他のシェアハウスでもそれは変わらないと思います。1ヶ所しかない、人が多いといった場合だと、使いたいときに使えないというデメリットはあると思います。

・共用部でプライベートがない。

誰にも会いたくないときはあると思います。

しかし、共用部を使う以上は誰かと顔を合わせます。

特に女性だとすっぴんを不特定多数の人に見られて恥ずかしい!という悩みもあると思います。

個室というプライベート空間はありますが、誰とも合わずに1日過ごすのはほぼ不可能だと思います。

他人に自分のオフショットを見られるのが嫌だという人には向いていないのかもしれません。

家賃が上がる可能性がある。

共用費が決められていますが、シェアハウス全体で光熱費を使いすぎると全員の家賃が上がってしまいます。よほどのことがない限りはと言われていますが、そういうこともあるようです。

シェアハウスの家賃

僕の場合だと、共用部のガス・水道・電気・インターネット込みで70,000円です。

キャンペーンがあったので、最初の3ヶ月は50,000円でした。僕の住んでいる横浜エリアの1Kの家賃相場は50,000~70,000円になります。この設備が使えて¥70,000円はお得だと思います。

相場が高い都会エリアの方がこのメリットは大きいと思われます。

シェアハウスの設備

ここからは僕の住んでいるシェアハウスの紹介です。

シェアハウス自体が東向きで日当たりも最高なので、本当に快適です。

個室

個室の広さは6畳くらいでベランダなし。窓が一つあり、カーテンは備え付けられています。

机&椅子

机はしっかりしていますが、椅子が座りにくいです。なので椅子だけ自分で買いました。

ただし、備え付けのものは、使わない場合撤去してもらうことはできません。個室で自己管理になります。スペースを食うので、衣装ダンスの上にビニールかけて保管しています。

冷蔵庫

Haierの冷蔵庫でした。50×55×115cmの大きさなので一人暮らしなら充分です。比較的新しいので、不具合もないです。調子が悪い場合は管理人の方に相談できるので心配いらないと思います。

衣装ダンス

55×60×180cmの衣装ダンスですが、細かい収納が少ないです。僕はアイリスオーヤマと無印で衣類の収納を買いました。

ベッド&マットレス

シングルサイズのベッドにコイルマットレスです。ベッドパットだけは入居時の初期費用として購入します。元バックパッカーなので、ダニとか南京虫を心配していましたが、しっかり清掃されており、特に問題なく使っています。シーツや掛け布団、枕は必要になります。

エアコン

panasonic製のエアコンで暖房、冷房、除湿など一通りの機能はあります。

共用部

食堂

レストラン並に広いので、友達とホットプレート囲んで焼き肉したり、鍋したりみたいなことは普通にできます。

キッチン&調理器具&フードボックス

皿や箸、調理に使うものはすべて揃っています。また、自分の調味料や食品をストックしておける場所も振り分けられます。置ききれないものや冷蔵している食品は個室から持っていくことになるので、エコバックがあると便利になります。

トイレ

各階にありますが、2階女性用、3階男性用と交互になっています。暖房便座、ウォッシュレットがすべてについています。場所によっては音姫がついたものもあります。

お風呂

トイレと同様に各階に男女の大浴場があります。24時間入り放題です。階が高い大浴場では窓からの夜景がキレイです。ロッカーが6つ程あり。ドライヤーは1つです。階によってはシャワールームがある大浴場もあります。

洗面所&流し

洗面所が4つ、調理ができるくらいの広さの流しが1つあります。食品ゴミを放置することは厳禁になっているので、調理はできませんが、水やお湯、カップ麺の汁を捨てる(生ゴミは回収)くらいならOKとなっています。

洗濯機&ランドリールーム

洗濯機は各階3台あり、東芝製の縦型洗濯機です。ランドリールームが各階1ヶ所あり、乾燥の強さも2段階で変えられます。ガス式の乾燥機もありますが、こちらは有料です。

スタディールーム

勉強部屋が別であります。24時間使い放題で、図書館の勉強部屋みたいな雰囲気です。

ジム

前面が鏡張りで、バーベルやランニングマシーンが完備されています。

シアタールーム

Netflixが見放題で、DVDやPCをつないで映像を楽しむ事ができます。1ヶ所しかないので予約制になっています。

喫煙所

割と広めでおしゃれなカンジになっています。机と椅子あり。

駐車場

自転車やバイク置き場は無料で屋根なし。車は別途有料。

屋上

洗濯を干したりすることができます。また、見晴らしがいいので景色を眺めることができます。遮るものがないので、夏になると花火もよく見えるそうです。屋上での火気取り扱いは厳禁なので、BBQはできません。

宅配ボックス

6個程ありますが、人数が多いので埋まっていて再配達になることが多々あります。

下駄箱

部屋の番号ごとに下駄箱があります。宅配ボックスが埋まっているときはこっちに突っ込まれていることもあります。

電動自転車

坂が多いエリアなので電動自転車のレンタルも無料でできます。ただし、制限時間があるのでそれまでに返す必要があります。盗難してしまうと10万円以上が自己負担になってしまいます。

ゴミ捨て場

檻があるので、集荷より前に出しておくことができます。

ネット環境

個室に有線ジャックがあり、持っていたWIFI機器をつなげたら、特にパスワードの設定はなく使えるようになっていました。

回線業者は@Gergeという集合住宅用のインターネット接続サービスを提供している会社でした。

引越し前はソフトバンク光でしたが、こっちのほうが回線速度が早くなりました。

測ってみた結果はコチラ↓

回線が落ちた場合は@Gergeに連絡をすることもできます。基本的に切れたらすぐわかるようなので、2時間くらいで自然に復旧します。

また、共用部にもWIFIが飛んでおり、キッチン、スタディールームの周辺で使うことができます。最悪個室が断線しても共用部では使えるので不便は感じません。

@George 集合住宅のインターネットをもっと便利に!常時接続を応援するプロバイダ

個人的にはシェアハウスでよかった!

住む前に一番心配していたのはネット環境でした。しかし、引越し前よりも環境はよくなったので大変満足しています。めんどくさいインターネット契約をする必要もなくなりストレスフリーです。

共用部について、僕はバックパッカーをしていたので、共用部を他人と使うことに抵抗がないのでかなり快適に過ごせています。

設備も申し分なく、仕事が終わって家に帰るのが楽しいです。

住んでいる人もヤバい人はいないので、何かが盗まれたり犯罪めいた治安の悪さがないのも安心です。

個人的にはシェアハウスは最高でした。

不動産業者を介して一般賃貸を借りるのはコスパが悪いし、引っ越しの時の負担も大きいので今後こういうサービスが伸びてくれるのは素晴らしいことだと感じました。

シェアハウスによっては快適じゃなかったり、コスパが悪いところもあると思います。ですが、僕のように設備や条件が合った素晴らしいところもあるので、一般賃貸だけにこだわらず、シェアハウスという選択をするのも面白いと思います。

少しでも役に立つ情報がお伝えできたのであれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました