タイ・カンボジア編 第6話 絶景プレアヴィヒア寺院&まるでラピュタ?ベンメリア遺跡

Asia

僕らが宿泊しているヤマトゲストハウスではツアーの案内だけでなく、ミニバンのチャーターもやってくれます。

併設されているレストランにホワイトボードが用意されており、行き先を書いて行きたい人を募集しておけばチャーター代を人数割りして浮かせる事が出来ます。

僕らも初日に名前を書いておいたので、人数が集まった本日、プレアヴィヒア寺院とベンメリアへ向かうことに。

プレアヴィヒア寺院はタイとの国境にある高台ですんごい絶景のある場所だそうな。

ベンメリアはジブリの某名作アニメの舞台にもなったと噂の場所です。

本当は1日1ヶ所づつ周る予定でしたが、募集者の意向でチャーター費用を安く抑える為に、1日2ヶ所を周る弾丸ツアーになってしまいました。

2015-05-16-10-13-50

まずはプレアヴィヒア寺院へ。

タイとの国境にあるせいなのか、途中ミニバンを降りてパスポートチェック(コピーでもOKらしい)。

2015-05-16-10-15-031

ここで一緒にチケットも購入します。

ticket001

たしか15ドルくらいだったかと。ベンメリアのチケットも一緒にくれました。

ここからは謎の4WD車に乗せられ頂上にある寺院を目指します。

2015-05-16-10-45-30

頂上手前で車を降ろされ、歩いて寺院を目指します。

秘境を旅してる感がたまりません!

途中、カンボジアの軍人さんをたくさん見かけます。

タイとの戦争が落ち着いた今でもタイの国境を監視しているらしい。

双眼鏡も設置されており、タイ側の国境を眺める事もできる。(チップをせがまれないとは言ってない)

2015-05-16-10-46-40

遺跡らしきもの発見!

ここが入口のようです。

2015-05-16-10-51-40

寺院の中にある遺跡跡を進みます。

遺跡を抜けるとそこは…

2015-05-16-11-08-04

雪国…

ではなく絶景が!!

高所恐怖症のせいで腰が砕けているのはナイショ。

2015-05-16-11-09-54

壮観ですね。雲の影が大地に落ちている様子も見られました。

歩いて来た道を戻って今度はベンメリア遺跡へ向かいます。

プレアヴィヒア寺院からは車で40分程。

2015-05-16-15-17-11

ベンメリア遺跡に到着。

入口には案内料をぼったくろうと現地の人々がうろうろしてます。

場合によっては勝手についてきて案内料を請求されるケースもあるらしいので気をつけましょう。

2015-05-16-15-22-47

遺跡の奥に進むと崩壊した遺跡が見えてきました。

この遺跡はアンコール遺跡群のひとつで、ジャングル?の中にあります。

補修されず長い間放置された結果、自然に侵食され少しずつ崩れていった遺跡だそうです。

ちなみに、ポルポト政権の名残で遺跡の周囲にはまだ撤去しきれていない地雷が埋まっているらしく、あんまり人気の少ない場所にズンズン進むと大変な事になるかもしれないらしい。

ドクロマークの立ち入り禁止エリア看板もチラホラ。

2015-05-16-15-25-06

溢れんばかりの廃墟感。

2015-05-16-15-28-41

マングローブっぽい木が遺跡と同化してますね。

2015-05-16-15-30-26

遺跡の中は静謐な空気が漂ってます。

そろそろ某アニメのロボット兵がでてきそうな感じです。

2015-05-16-15-31-16

あのテーマソングを鼻歌しながら滅びの呪文を唱えた時の友人の冷やかな目が今でも脳裏から離れません。

隣にいたのが空から降ってきた美少女ではない事が悔まれます。

2015-05-16-15-43-23

写真では伝わりずらいのですが、一つ一つの崩れている石材は意外とデカイのです。

この巨石を乗り越えながら、道なき道を進みます。

足場はかなり悪いので、サンダルで行くのはお勧めしません。

2015-05-16-15-57-20

一緒に来たメンバーで最後に記念撮影!

弾丸ツアーの為、あんまり滞在出来なかったのが残念です。

遺跡の中は迷路のように入り組んでいるのでゆっくり周ればたくさんの発見があったと思います。

ベンメリア遺跡はもう一度ちゃんと訪れたい場所の一つになりました。

2015-05-16-17-36-10

宿に戻り、仲良くなった旅行者と宿のレストランで酒盛りしながらトランプして夜は更けていくのでした…

絶景も見れたし、旅行者とも仲良くなれたので大満足ですね!

次回、アンコールワットの朝焼けと夕日&トンレサップ湖 へ続く…


コメント

タイトルとURLをコピーしました