【メンズ】白シャツでも透けないインナーを選ぶための3つの条件

LIFE

白シャツでも透けないインナーを選ぶための3つの条件

 

白シャツ着るとインナーが透けちゃう・・・

 

こういった悩みに答えていきたいと思います。

 

白シャツだと特にインナーが透けやすくて困ると思います。

 

解決方法としては、

 

シャツの生地を厚いものに変える

・インナーは着ない

という方法もありますが、

 

インナーの色や形を透けにくいものにするのがオススメです。

 

好きなものを着れないのはストレスですし、インナーを着用しないと乳首が透けるという事故がおきかねません。

 

インナーは必ず透けるというわけではなくて、色や形を工夫することで透けにくくすることが可能です。

 

ですので、今回は透けにくいインナーの選び方を解説します。

 

透けにくいインナーの選び方

 

まず、透けにくいインナーの条件を挙げたいと思います

 

インナーの色がベージュもしくは肌色系

縫い目が目立たないもの

インナーの襟が広いもの

 

この条件を守ることで白シャツ越しの透け感を改善できます。

 

インナーの色がベージュもしくは肌色系

シャツが白色なので、色がついているものは透けやすいです。

 

では、モノトーン(黒・白・灰色)はどうなのか?

 

結論から言うとすべて透けます。

 

灰色と白は白シャツと色が近いので透けないように思えますが、インナーを着ているのがわかってしまいます。

 

なぜならば、インナーで覆われていない部分は肌色だからです。

 

インナーで覆われていない肌色部分と白・灰色とのコントラストが目立ってしまい、インナーを着ているのがわかってしまうのです。

 

カンタンに言うと悪目立ちしやすいのです。

 

ですので、ベージュや肌色といった皮膚の色に近いものを選ぶと肌とインナーのコントラストがあいまいになり、目立たなくなります。

 

色は肌色に近いものを選ぶのがオススメです。

 

縫い目が目立たないもの

縫い目が目立たないつくりのものは次のように呼ばれています。

 

・シームレス

・カットオフ

 

つなぎ目の部分や襟の縁、袖の縁が薄いので白シャツのような透けやすいシャツを着ても目立ちにくくなります。

 

縫い目が厚いとシャツ越しに膨らんだり、色が濃く見えて線のようなラインが目立ってしまいます。

 

買う際は縫い目のない「シームレス」「カットオフ」がオススメです。

インナーの襟が広いもの

透けにくいという話から少しそれてしまうのですが、気をつけたほうがいいと思うので解説します。

 

インナーの襟が狭いとシャツのボタンを外したときにチラチラ見えてしまうことがあります。

 

特にVネックは注意が必要です。

 

売られている多くのものはVネック形状のものが多いんですが、シャツのボタン開けると見えてしまいます。

 

ビジネスシャツなら問題ないですが、カジュアルシャツとは少し相性悪いです。

 

なので、Vネックでも胸元広めに作ってあるものや半円に近いUネックのほうが見えにくいです。

 

抵抗がなければ、レディースによくある多い胸元がざっくりあいたUネック形状のものがいいです。

 

なので個人的にはレディースの胸元が広めにあいたUネックがオススメです。

 

透けにくいインナーが売っている場所

シームレスとかカットオフ商品を探す場合、ネット通販ならアマゾン、店舗で探すならユニクロがオススメです。

 

シームレス、カットオフを売りにしている有名商品が見つけやすいです。

 

アマゾンならGUNZE(グンゼ)、ユニクロならAIRism(エアリズム)が比較的有名で商品の品質や形も良いです。

オススメのインナーを紹介

タイトルとURLをコピーしました