ハンガリーで温泉に浸かろう!ブダペストの巨大露天風呂「セーチェニ温泉」

Europe

ブダペストの温泉文化

ハンガリーのブダペストには100を超える源泉があり、約50程の公衆浴場が存在する温泉大国です。

海外では珍しく、日本と同じように湯船に浸かる文化が根付いています。

その歴史は2000年前のローマ時代に遡り、ブダペスト市内から10km程北上した場所にあるアクインクム遺跡が始まりとされる。

かつてローマ帝国のパンノニア属州の都市が置かれていた場所で、円形劇場や公衆浴場も建設され、最盛期には4万人が住む巨大都市でした。

ローマ帝国属州時代の温泉文化が今でも息づいているそうです。

また、16世紀にはオスマン帝国支配下に置かれる事となりトルコ式浴場やトルコ風呂なども増えたそうです。

公衆浴場も数を増やし、ドナウ川河畔エリアまで広がっていきました。

現在のブダペストには豪華絢爛な西洋建築の公衆浴場やオスマン帝国時代の名残を残すエキゾチックなトルコ式浴場といったさまざまな公衆浴場が約50か所にあり、地元市民の癒しの場所になっています。

ヨーロッパ最大の広さ!「セーチェニ温泉」

セーチェニ温泉

セーチェニ温泉(Széchenyi gyógyfürdő )は市民公園の中にある開業100年を超える老舗の公衆浴場です。

バロック建築の絢爛豪華な施設で、3種類の露天風呂と18種類の内風呂があり、その規模はヨーロッパ最大の温泉施設になります。

泉質の主成分は硫酸塩、カルシウム、マグネシウム、炭酸水素塩などになっており、効能としては関節痛や神経痛、脊椎等に効果があるそうです。

屋内温泉

屋内温泉

湯温は風呂によっても変わりますが、26℃~38℃となっており、日本の温泉に比べ若干ぬるめになっています。

露天風呂が特に有名で、湯船にチェス用の台が設置されており、「風呂チェス」を楽しむ人々で賑わっています。

風呂チェス

屋外露天風呂

セーチェニ温泉の場所

ブダペストの中心街から東に4km程の場所にあります。

セーチェニ温泉建物

「Kós Károly stny」という通りの目の前にある巨大な建物が温泉の入り口になります。

僕が行ったときはこちらからも入れましたが、実はコチラは裏口で、本当の正面玄関はこの反対側みたいです。

この裏口に向かって右側、「Széchenyi fürdő」という最寄りの地下鉄駅とは反対側に源泉を買ったり、その場で飲ませてくれる施設があります。

飲泉施設

源泉

冷水か源泉そのままのホットウォーターか選べます。

たしかこれで20Ft(フォリント)くらいだったかと。

もっと大きいグラスでも40~60Ft程。

ちなみに1Ftは約0.5円程。

○○Ft×0.5で円に換算出来ます。

味は、硫黄の香りがちょっと強めでTHE源泉といった味です。

温泉あがりの水分補給に足を運んでみるのも良いかもしれません。

入れ物を持っていけばテイクアウトも可能です。

営業時間を失念してしまったのですが、僕が訪れた月曜日の19時にはまだ営業していました。

セーチェニ温泉へのアクセス

ブダペストの中心街の地下鉄駅から乗り換えなしで最寄地下鉄駅まで行く事が出来ます。

地下鉄の路線の色は黄色です。

具体的にはブダペストの主要駅「Deák Ferenc tér」駅から「Széchenyi fürdő」で下車すれば徒歩数分で辿り着きます。

Deák Ferenc tér⇒Széchenyi fürdőまでの地図。

 出典:Wikipedia ブダペスト地下鉄路線図

あとは目の前に大きな建物が見えるのでそこを目指しましょう。

セーチェニ温泉外観

セーチェニ温泉の営業時間

年中無休。

室内温泉 6:00~19:00

屋外温泉・プール 6:00~22:00

セーチェニ温泉の料金

キャビンとロッカーで利用料金が異なります。

基本的に荷物の管理と着替えをするだけの部屋で、キャビンは個室、ロッカールームはロッカーだけの貸出になります。

料金を払うと腕時計型のICチップを渡されるのでこれですべての管理を行います。

1日利用券(2017年2月)

月曜日~金曜日
キャビン ロッカー
5400Ft 4900Ft
土曜日・日曜日
キャビン ロッカー
5600Ft 5100Ft

早朝・夜間の2時間のみ利用料金(2017年2月)

早朝6:00~8:00

夜間17:00~19:00

の2時間だけの利用ですが、多少安くなります。

月曜日~金曜日
キャビン ロッカー
5100Ft 4600Ft
土曜日~日曜日
キャビン ロッカー
5300Ft 4800Ft

料金は年々、上がり続けているようです。

最新の情報はセーチェニ温泉公式WEBサイトよりどうぞ。

入浴に必要な持ち物

必須の持ち物

・水着

・タオル(速乾性の物がオススメ)

あれば便利な持ち物

・サンダル

・水泳帽(プールを利用する場合は必須)

・防水のカバン、ビニール袋

・シャンプー、ボディソープ

入浴の注意点

・マッサージサービスなどを利用した場合は対応にもよりますがチップを渡すのがマナーです。約200Ft~1000Ftくらいが目安かと思います。

・男性限定ですが、円形風呂の中心で温泉に浸かっているとゲイパートナー募集という意味になるらしいので、その気がない方はむやみに近づくのはやめましょう。

終わりに

施設内には飲食する場所もあり、20を超える種類の風呂もあるので一日ゆっくり過ごして疲れを癒しましょう。

セーチェニ温泉はブダペストを代表する有名温泉なので一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. […] 【ハンガリーで温泉に浸かろう!ブダペストの巨大露天風呂「セーチェニ温泉」】 […]

タイトルとURLをコピーしました