海外のATMの使い方と操作方法 国際キャッシュカード・デビッドカードで現地通貨を引き出そう!

How to travel

国際キャッシュカード・デビットカードを使って現地の通貨を引き出す為には、専門用語となる英語や操作方法をある程度知っていた方が操作ミスをすることなく、安心して引き出す事が出来ます。

操作自体は難しい事はなく、必要となる単語さえ覚えてしまえば簡単です。

管理人の経験から安全に引き出す為の方法とATMの操作方法を紹介していきます。

国際キャッシュカード・デビットカードが使える海外のATM

Plus(Visaカードブランド)

Cirrus(MASTERカードブランド)

お手持ちの国際キャッシュカード・デビットカードがこの2つの規格のどちらかに対応している事を前提条件です。

詳細はこちらへ。

そのうえで、このマークが付いているATMを探しましょう。

この2つの規格自体は多くの国々で採用されているので、よほどの発展途上国か独裁国家へ行かない限りは両方とも使えないATMを探すほうが難しいはずです。

海外のATMを使う際の注意点

操作上の注意点

ATMの種類にもよりますが、タッチパネル操作が主流でデフォルトの設定では現地の言語が設定されていますので、言語を英語に設定するか、ユニオンジャックマークをタッチして言語を英語に切り替えます。

ユニオンジャック マーク

また引き出す際の金額表記は現地通貨の単位になるので、日本の円単位ではありません。

あらかじめ、レートを調べて現地通貨でいくら引き出すのか調べる必要があります。

ATM使用時のトラブル

「お金が引き出せない」「カードを入れたら出てこなくなった」というのが良く耳にするトラブルです。

海外のATMで引き出し金額を指定したのにお金が出てこない事がかなりの頻度でありますが、ATM自体にお金が補充されていない事が原因で起こるエラーです。

カードさえ戻ってくれば問題はありませんが、後で明細は確認しましょう。

入れたカードが戻らない場合、自分でATMを管理している会社に連絡しない限りは決して戻ってきませんし、戻ってくる保証もありません。

また、ATMでお金を引き出した直後に強盗に合うトラブルも少なからずあるので、夜間・早朝といった人通りの少ない時間や治安の悪いエリアでのATM利用は極力避けましょう。

安全に海外のATMを使う際の工夫

安全なATMの選び方

現地の主要銀行や世界的に有名な銀行のATMを利用しましょう。

アジア圏や発展途上国に多いのですが、聞いた事がないようなATMを利用すると手数料が高かったりします。

ATMの種類は忘れてしまいましたが、僕はタイのバンコクで手数料500円近く取られるATMに出くわしました。

不具合のないATMを利用する

まず、現地の人が良く使っているATMかどうか観察しましょう。

現地の人が良く使うという事は、不具合が少なくATM自体にもお金が補充されています。

判断がつかなければ、誰かがATMを使用した後に、問題なく処理を終えて立ち去っているかどうかだけ見ましょう。

突然ATMが故障しない限りはきちんと動作するはずなのでそこを使えば、安全に使用する事が出来ます。

また、銀行が開いている時間ならば、銀行に併設されているATMを使うのもオススメです。

もしトラブルが発生しても、その銀行のATMであれば、銀行の従業員に事情を説明して対応してもらえるはずです。

安全な場所と時間帯

当たり前の事ですが、治安の悪いエリアや早朝・夜間といった場所は避けましょう。

また、僕の経験からですが、観光エリアの真ん中にあるATMだと観光客をターゲットにした物乞いに絡まれたりして怖い思いをするかもしれません。

海外のATMの操作方法

安全そうなATMを見つけたらさっそく引き出してみましょう。

操作画面からまずは分かる言語を設定しましょう。

英語を選ぶ方が多いと思いますので、英語での操作方法で紹介します。

操作の手順はATMによって多少異なりますが、単語さえ理解出来てしまえば問題ありません。

暗証番号を入力する

ENTER PIN(暗証番号入力)

という表示が出たら、カードの暗証番号を入力しましょう。

口座を選択する

SELECT SOURCE ACCOUNT(口座を選択する)

という表示が出たら、自分の使用している口座を選択しましょう。

  • SAVING ACCOUNT(普通預金)
    国際キャッシュカード・デビットカードに入金してあるお金を引き出す際はこちらを。
  • CHECKING ACCOUNT(当座預金)
    一般的にビジネスで使う口座になるかと思いますので、お持ちの方はこちらを。
  • CREDIT(クレジットカード)
    クレジットカードでキャッシングする際はこちらを。

取引内容を選択する

SELECT TRANSACTION(取引内容を選択)

という表示が出たら、次は取引内容を選択します。

  • BALANCE INQUIRY(残高照会)
    残高照会の取引はこちらを。
  • WITHDRAWAL CASH(引き出し)
    国際キャッシュカード・デビットカードから預金を引き出す方はこちらを。
  • TRANSFERS(振り込み)
    振り込みの取引はこちらを。

引き出し金額を選択する

SELECT AN AMOUNT TO WITHDRAWAL (引き出し金額を選択)

例としてアメリカの場合、

20,40,60,80,100,200のように数字が6個程並んでいます。

これはすべて引き出す現地通貨の金額になるので20を選択すれば20$引き出すという処理になります。

引き出したい金額を現地通貨単位で選択します。

任意の金額を指定したい場合は、

  • OTHER AMOUNT(その他の金額を指定)
  • DIFFERENT AMOUNT(別の金額を指定)

を選択するとテンキー画面が出てくるので、直接引き出したい金額を入力しましょう。

取引明細書を発行する

ATMのエラーやATM自体にお金が補充されていれば正常に処理が進みます。

後は、後日確認のために取引明細書を発行しておきましょう。

  • Would you like to issue a receipt? YES/NO

という表示が出るので、”YES”を選択すれば明細書を発行出来ます。

日本のATMと違って、お金とカードが出てくるまでちょっと時間がかかります。

僕も毎回ヒヤヒヤさせられますが、落ち着いて待ちましょう。

全てを忘れずに回収したら処理は終わりです。

引き出した金額が出来るだけ人目につかないようにササッと仕舞ってしまいましょう。

終わりに

いかがだったでしょうか?

海外のATMはメンテナンスが行き届いていないものがあるので、無用なトラブルを避ける為、操作する前によく観察して安全かどうかを判断するほうが良いと思います。

操作については、ATMによって使われている単語が多少違ったり、操作手順が異なる場合があります。

それを踏まえた上で、柔軟に対応すればそれほど難しくはありません。

ATMを使いこなせれば、両替商を探す手間や営業時間、レートなどを気にする心配がなくなり、観光に時間を費やす事が出来るので、憶すことなく利用してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました