海外のオススメお土産はコレだ!モロッコのオーガニックオイル【アルガンオイル】の効果と使い方

Africa

アルガンオイルとは?

モロッコ南西部にしか自生しない【アルガンノキ】という木の種子から採れる植物油の事です。

エッサウィラ滞在中、郊外で発見したヤギの生る木

最近TVなどでも取り上げられ話題になった【ヤギが生る木】ですね。

現地では古くから食用や美容、怪我の治療などに用いられてきました。

大変希少なオイルで、自生している場所が限定されている事に加えて、200個程の実に生る種子から50ml程度の少量しか採油する事が出来ない。

また、非常に硬い種子を砕き、ペースト状にした後に手搾りで搾油する為、非常に手間暇かかる工程により搾油されます。

出典:Wikipedia

僕は、南部モロッコの【エッサウィラ】という港町に滞在したときにこのオイルを知りました。

エッサウィラ旧市街

偶然宿の近くにあったオーガニック製品のお店で見つけたのがきっかけです。

エッサウィラのアルガンオイル屋さん

お店の中で現地の女性が実際に種子をローストしたり、搾油したりと忙しそうに働いていました。

このお店の詳細は後日、旅の日記にて紹介したいと思います!

アルガンオイルのココがスゴイ!

アルガンオイルは人間の皮脂成分に似ており、足りない美肌成分を補ってくれるだけではなく、オイル自体も抗酸化作用が高い為、アンチエイジング効果が期待できます。

具体的な美容成分としては、

✔オレイン酸

人間の皮脂に最も近い成分の為、肌を柔らかく保ち、乾燥から守るバリアのような効果があります。

また食用であれば悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やしてくれる不飽和脂肪酸でもあります。

✔リノール酸

肌の油分と水分バランスを調整する事で保湿効果を高めてなめらかな肌を保持してくれます。

また、抗炎症効果により肌トラブルを防ぐ役割やメラニンの素になる物質を抑制する働きがある為、美白効果が望めます。

食用としては人体で体内合成出来ない必須脂肪酸であり、これが欠乏すると抜け毛や代謝が悪くなります。

従って、適度な量を摂取する事で脱毛の抑制と代謝を活性化します。

ただし、少量の摂取で人体には十分な為、取りすぎると逆に健康を害する恐れがあります。

✔ビタミンE

天然の防腐剤にもなる抗酸化作用の高いビタミンEがオリーブオイルの3~4倍含まれており、血管の流れをさらさらにしてくれる為、アンチエイジングの効果があります。

が主成分となっています。

豊富な不飽和脂肪酸とビタミンEによって美肌・美白効果、アンチエイジングに適したオイルと言えるでしょう。

また、オイル自体の粒子はオリーブオイルなどの一般的な植物油と比較しても細かく、皮膚や組織に浸透しやすい為、ベタつきにくくなっているのも特徴の一つです。

アルガンオイルは高価?

値段自体は高く感じますが、使用する量を考えればリーズナブルです。

1度に使う量は数滴程度もしくは1~10ml程度なので実際はそれだけあればかなり長持ちします。

逆に多すぎると使い切る前に酸化してしまい、品質が悪くなっていきますので少量の物を封切しないで保管しながら少しづつ使う方がオススメです。

アルガンオイルはどんな風に使うの?

スキンケアとして

✔スタンダードな使い方

アルガンオイルは肌に浸透しやすく、手のひらに垂らしてフェイスマッサージをするだけでも潤いとツヤが生まれます。

少量でスッと広がっていくので、数滴使用するだけで十分です。

✔肌の硬い場所に

肌を柔らかくする効果がある為、かかとやひじ・ひざといった硬い部分に用いれば乾燥によるひび割れを抑制する事が出来ます。

✔アルガンオイルパック

肌に伸ばした後に温めたタオルを上から被せて10分ほど置くだけで、現地の人も行っているアルガンオイルパックをする事が出来ます。

温める事でアルガンオイルをより浸透させ、血行の促進と保湿効果を高めて肌にハリとツヤを与えてくれます。

✔ブースターオイルとして使う

クレンジングや洗顔後に油分が不足した乾燥肌の状態で化粧水や美容液を塗っても効果が薄くなってしまいます。

洗顔後、先にアルガンオイルを先に塗っておく事で、後の化粧水や美容液をより浸透しやすくさせる事が可能です。

順番としては

①クレンジング・洗顔

②アルガンオイルを数滴肌に塗る

③化粧水

④美容液

⑤乳液

etc…

他にも、アルガンオイルを市販の化粧品クリームや化粧水に数滴混ぜて使用する事で浸透力や保湿力を高めるだけでなく、アルガンオイルの特徴であるビタミンEによるアンチエイジング効果や美白効果をプラスアルファされます。

ですので、ほんの数滴で市販品を高級化粧品にレベルアップする事が可能です。

ヘアケアとして

✔頭皮に

豊富なビタミンEと抗炎症効果による肌トラブルや乾燥肌を抑制してくれますので、髪や頭皮にももちろん効果があります。

特に乾燥肌やフケや抜け毛で悩んでいる方にオススメです。

シャンプー前にアルガンオイルを数滴手のひらに広げ、指の腹を使ってマッサージする事で、毛穴の老廃物を取り除き頭皮に栄養を与えます。

また、市販のシャンプーやリンスに混ぜるだけでも十分に効果があります。

✔髪のトリートメント

カラーリングやパーマ後といった傷んだ髪のトリートメントをする場合は、

①タオルドライ

②アルガンオイルを数滴手のひらに伸ばし、指を使って髪の毛先に塗る。

③ドライヤーで乾かす

④最後にべた付かない程度にもう一度アルガンオイルをなでるように塗る。

アルガンオイル自体がベタ付きずらいので、少量で用いる事でサラサラの髪になります。

バスオイルとして

特に冬場の乾燥しやすい時期にオススメなのですが、お風呂に5ml~10ml程たらして入浴する事で、湯あがりに肌がしっとりもちもちになります。

アルガンオイル自体はニオイがほぼ無臭なので、アロマオイルなどを垂らせばよりリラックスできると思います。

食用油として

食用のアルガンオイルはロースト(焙煎)されたものを搾油しています。

生の種子から搾油したままでは苦みが強い為、ローストする事でマイルドにするそうです。

中にはノンローストの食用のものもありますが、食用のほとんどがローストされています。

僕は、モロッコのトドラ渓谷という場所に滞在した際、お世話になったゲストハウスでテイスティングさせて頂きました。

香り自体はそれほど強くないのですが、口に含んだ際に広がる香ばしさはごま油に近いです。

すっきりした味わいで脂っこさが少なくクセがないのでパンにつけたり、アイスやヨーグルトにかけても美味しいです。

豊富なビタミンEと悪玉コレステロールを減らす事でアンチエイジング効果、生活習慣病を防止する効果があります。

一日の摂取量の目安としては、スプーン一杯程度で十分だと言われています。

リノレン酸も含まれているので取りすぎには注意が必要です。

アルガンオイルを使う注意点

体質にあっているか?

スキンケアや食用として広く使われるが故に体質に合っているか?というのは大切です。

効果だけ見れば、良い事が多いですが体質やアレルギーをきちんと理解したうえで使用しなければその効果は逆効果になります。

僕は「クルミアレルギー」というナッツ由来のアレルギーを持っている為、初めて使用した時は少量テイスティングしてから使用していました。

その後は特にアレルギー反応や体質に合っていないということもなく、お土産で買ったアルガンオイルをちょこちょこ拝借しながら乾燥したモロッコの大地をフラフラ旅行していまいした。

万能オイルですが、万人にその効果が見込める訳ではありません。必ず、自信の体質やアレルギーを考慮しましょう。

粗悪品を見極めるコツ

貴重なオイルであるが故に粗悪品がかなり出回っています。

日本でも販売元がいい加減だったり、極端に安いものは疑った方が良いかもしれません。

ちなみに現地モロッコでは、もう何が嘘か本当か分からなくなります!(涙)

基本親切な人ばかりなんですが…

ですので、粗悪品を見極めるコツをここで紹介します。

✔本物のニオイはほぼ無臭!もしくはほんのりナッツ臭

よくナッツ臭がする等の情報を目にしますが、本当に品質の良いものは【ほぼ無臭】です。したとしても【ほんのり】程度です。

逆に粗悪品は酸化して【酸っぱい臭い】がするか、別のオイルを混ぜている関係で変な臭いがします。

✔本物の色は淡い黄色、もしくは黄金色

僕がモロッコのエッサウィラで何件か粗悪品を掴まされた後に手に入れた真のアルガンオイルです。

店内でアルガンオイルをローストしたり手搾りして搾油する伝統的なスタイルのオーガニック製品のお店でした。

綺麗な黄金色をしています。

ペットボトル販売というのが現地感満載ですね!

酸化していると色が【色が薄く、透明】になっていきます。

ただし、僕が現地で掴まされた粗悪品は色が濃い黄色の物もあったので、可能性としては別のオイルが混ぜられているか着色されているという事が考えられます。

ですので、色だけで判別が難しい場合もあります。

粗悪品が酸化している場合が多い理由として、搾油を機械で行うと不純物が混ざったり機械の熱でオイルの劣化を早める要因になるそうです。

できるだけ低温で圧搾するのが良いとされている為、そうした手法で搾油されているものであれば酸化して粗悪という可能性低いです。

ですので、可能な限りどのように搾油しているのか明記しているお店やサイトで買うのが安全です。

✔使用感がベタベタしている。

アルガンオイルは分子構造が他のオイルよりも細かいので、塗った後にサラサラになるのが特徴です。

粗悪品や酸化していると肌に浸透しづらく、【サラサラというよりもベタベタでオイリー】です。

✔沈殿物に注目

日本の通販やお店で売られている物はクレームにならないように沈殿物や搾りカスが残らないように濾してあるものが多いです。

気温が低くなると白く濁ったり沈殿物は発生しますが、品質を安定させる為によけいな化学製品をあまり使用していない純粋なものはどうしてもこのような沈殿物が発生します。

逆に言えば、純粋なアルガンオイルはこうした沈殿物が多少発生するという事です。

品質的には沈殿物があっても問題はありません。

酸化しないような低温、もしくは人肌で温めてやれば元通りのオイルに戻ります。

上の写真は先ほど僕がお土産に買ったものです。

見事に沈殿物があります。

その他にも搾りカスも結構交じってます(汗)

日本で売られているものはおそらくここまで沈殿物はありませんのでご心配なく。

本物のアルガンオイルや純度の高いアルガンオイルには多かれ少なかれ低温で沈殿物が発生するという事だけ知っておきましょう。

アルガンオイルの保管方法

アルガンオイルの酸化の目安は、一般に封切しなければ2年間、開封した場合は2~3ヶ月程度と言われています。

ただ次の事に注意して保管すれば、酸化しづらくなり長く使う事ができます。

✔できるだけ空気に触れさせないような容器を使う。

✔水や皮脂の接触で酸化が早まるので、絶対に直接手を入れたり触れたりしない。

✔直射日光や紫外線を避け暗室で保管する。

✔湿気の少ない場所で保管する。

✔熱でも酸化する為、涼しい場所で保管する。

保管する温度はメーカーによってまちまちですが、心配な様であれば特に夏場は冷蔵庫でもいいかもしれないです。

フェアトレードって?

直訳で【公平な取引】という意味でしょうか。

発展途上国で作られた原料や製品を適正な価格で取引する事で、生産者の生活向上やひいては発展途上国と取引する国の持続的な発展を目指す社会活動です。

どうしても発展途上国側の方が、流通や情報面で弱い立場にあり不当に安い価格で取引を強いられているケースが多いのが現状です。

これでは両者の持続的な発展は見込めず、生産者側の生活が改善されずいつまでも発展途上のまま買い手のいいなりになり続けてしまいます。

ボランティアや寄付活動とは違い、適正なサービスや商品には適正な対価を支払うというものなので、人々の暮らしを一方的に支援するものではありません。

より良いサービスや商品を作り適正な価格で提供すれば、適正な対価が支払われるという努力が報われるシステムを定める事で人々の生活の質を底上げするものです。

モロッコもアフリカの中ではかなり発展していますが、他国の西欧や日本と比較すればまだ途上段階です。

そうした国へ旅行した際に、ガイド本に書かれているように”日本人は値切らないので勇気を持って値切りましょう”という言葉をそのまま実践するのではなく、製品の品質や適正価格を理解したうえで根拠や理屈のない感情論での値段交渉は出来るだけせず、人々の生活の向上やその国の持続的な発展の対価として気持ちよくお買いものしたいですね。

日本で売られているアルガンオイルは高額なものが多いですが、製品の品質やフェアトレードに基づき値段設定されている販売元であれば安心して使う事が出来るアルガンオイルだと思います。

日本でも買える!品質の良いアルガンオイル製品を紹介

美容オイル

Melvita【メルヴィータ】

世界的に有名なフランスの化粧品ブランドのL’Occitane【ロクシタン】が運営しているオーガニック認証コスメブランドです。

世界中の化粧品で初めてエコサートを取得した企業の1つであり、品質についての明記も丁寧で、フェアトレードを推進しているまさに安心と信頼のブランドです。

圧搾の手法やアルガンオイルという商品がどのように作られているのか非常に分かりやすくMelvita公式HP解説されている為、目を通すだけでも理解が深まります。

ECOCERT(エコサート)とは、フランスのトゥールーズに本拠をおき、ヨーロッパを中心として、世界20カ国以上の国で約7000の有機栽培業者と800の加工業者に関与し機能している国際有機認定機関のことです。オーガニック認証団体の世界基準ともいわれていて、メルヴィータ製品もこの認証をうけたものです。

出典:Melvita

ベストコスメ受賞多数!化粧水前使用で、うるおい肌へ | オーガニックコスメ Melvita ビオオイル アルガンオイル

ピンクのオイルでキュッと魅せ肌ボディ | オーガニックコスメ Melvita ロゼエクストラ ブリリアントボディオイル

透明感へ!純白花のブライトケア ブースターオイル | オーガニックコスメ Melvita ネクターブライト クリアシェイクオイル

CODINA【コディナ】

こちらもフランス生まれのコスメブランドです。

世界で20数社しか取得していないとされているフランスの厳しいオーガニック認証「ナチュール・エ・プログレ」を取得を取得している数少ない企業のひとつです。

独自の技術で圧搾した純度の高いオイルが強みのコスメブランドです。

また、オーガニック認証を取っていて、入り数が100mlになっているのでコストパフォーマンスはリーズナブルに設定されています。

ちなみに現在、初回限定送料無料キャンペーン期間中。



Amazon

ちなみにAmazonでもアルガンオイルは購入可能です。

並行輸入品ならAmazonのほうが安いかもしれません。


食用油

どうしても輸入品になってしまうので、輸入関連品も幅広く取り扱っているAmazonでレビューや商品の詳細を見ながら買うのが安全です。

僕が調べた中でオススメできそうなものをピックアップしておきました。

✔ノンロースト


エクストラヴァージン アルガンオイル ノンロースト 92g

✔ロースト

エクストラヴァージン アルガンオイル ロースト 92g


BIOPLANETEヴァージンアルガンオイル 92g

食用アルガンオイル ロースト(モロッコ産) 100ml (90g)


エミール ノエル オーガニック ヴァージン アルガンオイル 229g

おわりに

僕もモロッコを旅行するまで、このようなスゴイオイルがある事を知りませんでした。

偶然行く予定の無かったモロッコ南西部の港町エッサウィラに滞在しなければ恐らく一生知らなかったかもしれないです。

オッサン♂なので…

そんなオッサンが厳しい気候のモロッコを1ヵ月程、旅しながら使っていたアルガンオイル。

お肌ガサガサで帰国しなくて済んだのはお土産のアルガンオイルをちまちまネコババしていたおかげかもしれません。

是非、モロッコを訪れた際は南西部でなくても購入できますし、日本よりリーズナブルに買う事が出来るのでお土産にオススメです。

日本でも購入可能なので、肌トラブルやオーガニックオイルに興味があれば使ってみてはいかがでしょう?

また、アルガンオイルだけでなく、モロッコにも興味を持ってもらえると幸いです。

個人的にイイ思い出の多い国なので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました